So-net無料ブログ作成

紅ゆずるのお花発見『ビリー・エリオット』観劇…ビリーの熱演に涙&柚希礼音は当たり役! [宝塚OG]

とうとう、と言うべきか、
ついに、と言うべきか…


本日、
念願のミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』を観劇しました!


この日を待ちに待っていたのですが、
宝塚観劇ラッシュだったので、
ある意味ちょうどいい感じだったのかもw


もうどうしよう…


感動しすぎて、
この気持ちの高鳴りを上手く伝えられるか、
全く自信がありません…(^_^;)


現時点の今年観劇した舞台で、ナンバーワンです!
次点は『阿弖流為』
お!師弟コンビでワンツーですねw(←私目線ww)


さすがブロードウェイで絶賛されただけあります


でも、
それを作り上げるのには、
少年ビリーに掛かっていると言っても、
過言ではないでしょう


そして、ビリーは見事に、
その期待に応えてくれました…


思い出すだけでも、
感動で涙が出てくる…ううう…。・゚・(ノД`)・゚・。


あと、一番お伝えしたいのは、
ちえさん(柚希礼音さん)が凄すぎたってことです!
ホント、ウィルキンソン先生を演じるために、
ちえさんが存在してました!


スポンサーリンク









まずは、
入口入って左手の階段のところに、
お花がズラリ!
そこに、
我が星組の王子様・さゆみさん(紅ゆずるさん)のお花を発見!
白の素敵な胡蝶蘭でした…
写真、あとで追加するかもしれません


いつもながらの気配りぶりに、ホッコリします♪
ちえべに好き(*´艸`)





そして、
私が謎だったビリージャンプの撮影スポットは、
パンフを売っているその奥のところでした
凄い人でしたが、その場所だけパチリw
ビリージャンプをしている強者は、
発見出来ませんでした(´・ω・`)





私が観劇したビリーは、木村咲哉くんでした


もうね、凄かったです!
ダンスめちゃくちゃ上手くて…
あまりの凄さに、( ゚д゚)ポカーン ←いい意味で、ですよ!


なんなんでしょう、あの素晴らしいパフォーマンス!


身体中からダンスをしたい情熱がほとばしっていて、
観客である私たちは、ぐいぐい引き込まれました


あんなに小さな身体なのに、
舞台が狭く感じるほどのエネルギーでした


大人のビリーとのダンスもアクロバット的な要素がありつつ、
バレエの美しさを神秘的に表現されてました
本当に美しかった…





これは、未来のミュージカルスター誕生ですね!
このビリー役を演じた少年から、
将来、トート閣下が誕生するかもしれません


その前に、子ルド→ルドルフかな?ww


今回、木村くんでしたけど、
他の4人のビリーがすごく気になります
ダンスの振り付けが違ったり、
その子に合ったような演出らしいですし


歌の上手な子、
ダンスの上手な子、
アクロバットが得意な子、
それぞれ魅力があるそうです


私はあと9月の最後の方でチケット取っていたのですが、
追加で、3公演観劇しようかと思います


せっかくなので、
全員見ておきたい!







そしてそして、
我が愛しのちえさん演じるウィルキンソン先生!


素晴らしいの一言です!


この役、柚希礼音の当たり役だと言い切ります!


そして、Twitterでも皆さん呟かれているけど、
ちえさんのオーラが凄まじかったです
見た目は場末のおばちゃん風なのに(笑)、
すっごいオーラ!


ウィルキンソン先生自身が、
一流のダンサーを目指していて、
子供たちを教えるより、今でも自分が一番輝きたいという、
ちょっと困った大人なんですけど、
ビリーと出会って、自分の夢をビリーに託していく…
これが見事な演技でした


羽を持っての演出、
原版からあるんですねw
そういうところもご縁がww


ちえさんなので、ダンスは言うことなしですけど、
やっぱり凄かった!
歌唱力もさらにアップしてましたし…


ちえさんが、この役と出会えたことに感謝です!


Wキャストの島田歌穂さんバージョンも観たいなぁ


島田さんは文句なしのミュージカル女優ですから、
ちえさんとは、別の魅力がありますし、
どんなウィルキンソン先生を演じられてるのか、
ぜひ見てみたいです(二度目)






あと、
マイケルが可愛すぎました(*´艸`)
ビリーとマイケルのコンビが愛らしくて、きゅん…


今日のマイケルは、持田唯颯くんでした


マイケルも4人の少年が演じているので、
これまた全員のマイケルが観たいかも





ライトを浴びてなくてもオーラ全開のちえさんですけど、
フィナーレは、
そういうの関係なかったせいか、
凄すぎました!


そして、綺麗で見惚れちゃいましたよ♪(*´艸`)


個人的には、
フィナーレのアップにした髪型のちえさん、
上品で貴婦人のようなので、すっごい好きです! (*゚Д゚*)ポッ
あのショットのお写真が欲しい♪





難点はですね、労働者の暴動かな(笑)
サッチャー政権の元での炭鉱閉鎖を余儀なくされ、
生きること、生活していくことの辛い時代背景
日本人にはちょっとわかりづらい部分だと思います


そのバックボーンだったからこそ、
ビリーが生きてくるんですけどね


本当に心に残る素敵な作品でした
観劇後、泣きすぎて大変でしたけど(笑)、
すごく晴れやかな気持ちになれました


外は雨で鬱陶しいだけに、気持ちだけは爽やかに♪


また、観に行くぞー!


スポンサーリンク




お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

チケット入手に困った時のお助けサイトです↓

【関連記事】
・『ビリーエリオット』妃海風と渡辺直美のビリージャンプ&ちえふう兄妹→みちふう妄想w
・師弟愛!柚希礼音が礼真琴の『阿弖流為』を観劇!なんと、みちふうも!
・これが柚希礼音だ!『REON JACK 2』
・『お気に召すまま』観劇…柚希礼音がキュート過ぎて萌え

スポンサーリンク



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。