So-net無料ブログ作成

至宝の歌姫・新妻聖子を初観劇『王家の紋章』…浦井&宮野に眼福 [その他観劇]

本日、
帝国劇場にて上演している『王家の紋章』を観劇いたしました!


ずーっと、ずっーーーーーっと、心待ちにしてました!
念願の新妻聖子さんを初観劇出来るからです!

現在、ミュージカル界最高ともいわれている歌姫、
新妻さん、生で一度観てみたかったんですよね~
先週の金曜日、8月12日の初日の評判から、
本当に毎日ワクワクしてました♪


朝からスマップ情報でしょんぼりな気持ち再びでしたけど、
電車に乗ったら、新妻さんへの期待でいっぱいでした!


あとですねー、
私、宮野真守さんが好きなんですよ(*´艸`)
声優さんの大ファンというわけではないのですが、
声フェチなので、みやまもの声は耳福♪


というわけで、
Wキャストは新妻キャロルと、みやまもイズミルでした

スポンサーリンク








実は私、
『王家の紋章』というマンガは知ってはいるのですが、
読んだことがないんですよ…
しかもまだ連載中だとか!Σ(゚Д゚;)


『ガラスの仮面』化してますね…(汗)
たぶん結構なご年齢だとお見受けするので、
最終回をちゃんと迎えてほしいですけど、
どうなんでしょうか、両先生方…


昔、多田かおる先生が突然お亡くなりになり、
「いらずらなKISS」が未完になったことを寂しく思ってますので、
最終回だけは、金庫にでも保管しておいてほしいです
本気で願ってます


と、しょっぱなから話はズレましたが(笑)、
『王家の紋章』は面白かったです
無題1608151.png

今日もお土産付きでした
お菓子です!ヤッター!!


『王家の紋章』、
コレ、宝塚にもピッタリな題材でしたよw


まず、やはり皆さん、歌に迫力がありました!
そして、見目が麗しい…(*゚Д゚*)


浦井健治さんのメンフィスと、、
みやまものイズミルが、
超絶カッコよくて、お二人が両脇に立たれると、
どっちを見ようか困ってしまうくらい、素敵でした(*゚Д゚*)


浦井さん、昔、
帝劇の『エリザベート』でルドルフを演じてらっしゃるんですよね
確か、かなめさん(涼風真世さん)の時、観たような気がするんですけど、
記憶がないです、すみません…
伊礼彼方さんの方だったかも…(汗)


浦井さん、情感たっぷりに歌われていて、耳触りのいい歌声でした
綺麗なテノールという感じ
また、若きエジプトの王というだけあって、
王者の風格もあって、本当に眼福でした…


新妻さんとの身長差もものすごくあって、
すっぽりと包んでくれる感じがたまりませんでした!(*゚Д゚*)
オレ様感も魅力でしたし
本当に言うことなしです!


そして、みやまも…
今回、初のグランドミュージカルということで、
すごいプレッシャーもあったと思うのですが、
思った以上によかったです♪
元々、歌が上手い声優さんではありましたが、
ミュージカルとなると、また発声法も変わりますし、
どうなるか心配ではあったのですが、
本当によかったです


あとですね、やはり声が素敵
ちょっと若い感じではあるのですが、
マンガのキャラ的には合ってると思います、たぶん(←読んだことないので想像ですw)


今後が楽しみですし、
もっとミュージカルに出演されてもいいと思います



そして、待望の新妻さん!!
素敵だったーーーーー!!!!!


前半は、本当に可愛くて可愛くて…
一幕の最初の頃は、急に古代エジプトに来てしまったキャロルが、
不安いっぱいな感じが歩く姿に表れていて、
トテトテ…という音が合う感じな動きでした…


とにかく、歌は本当に素晴らしかった…
前半は地声に近い感じのポップ調の歌を歌ったりするんですが、
特に二幕では、聴かせる聴かせる!!
凄かったです!
まさに、ミラクルヴォイスのソプラノでした…


演技もですね、大粒の涙を出しての熱演です


二幕では、強さを持った現代女性らしく、
立ち向かっていく姿には、ただただ感動…
守られているだけではないカッコいい女性には、
憧れがあります


一幕→二幕へのキャロルの心の移り変わりも、
丁寧に演じられて、こちらも感情移入がMAXでした


いや~、本当に素晴らしいですね、新妻さん!
一気に落ちましたw
今後も追いかけます!!


ちょっとまだまだ言い足りないので、続きます…ww
あゆっちのこととか、めぐちゃんのこととか、
山口さんとか…

スポンサーリンク




お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

チケット入手に困った時のお助けサイトです↓

【関連記事】
・『王家の紋章』新妻聖子と濱田めぐみの圧倒的な歌唱力…愛加あゆの品
・『CHICAGO THE MUSICAL』観劇…姿月あさとに胸熱&OGの美しさに脱帽
・これぞ宝塚の品格!花總まりの『エリザベート』
・見よ、これがアントワネットだ! 花總まりの『1789』観劇

スポンサーリンク



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0