So-net無料ブログ作成

『CHICAGO THE MUSICAL』観劇…姿月あさとに胸熱&OGの美しさに脱帽 [宝塚OG]

本日、
宝塚OGミュージカル『CHICAGO THE MUSICAL』を観劇いたしました!
この公演はアフタートークショーもあるので、
とても楽しみだったのです♪


私は、前回のシカゴは観劇出来なかったので、
ようやく観れました!
どんな感じになるのか、ドキドキとともに、
ワクワクもありました♪


私の観劇したキャストは、
ずんこさん(姿月あさとさん)、
わたるさん(湖月わたるさん)、
コマさん(朝海ひかるさん)、
かりんちょさん(杜けあきさん)でした!

スポンサーリンク







いやー、素晴らしかったです!

シカゴは、ダンス中心のミュージカルなので、
ダンサータイプのOGさんが結集されている印象です


とにかくですね、OGの皆さんが本当に美しいんです!
スタイル抜群で、キメキメのダンス!
失礼ながら年齢的にも決して若くはないのに、
本当にダンスに見応えがありました!
あのプロポーションを維持するのも、
相当な努力が必要かと…
己に甘い自分が嫌になりますw


かりんちょさんがアフタートークで、
年齢層の高さでも「シカゴ初」的なことをおっしゃって、
笑わせてくれましたw




まずは、ヴァルマのわたるさん
凄かった…
歌も現役時代よりはよくなってたと思いますw
とにかく、ダンスが凄い!
そして、足長い!!
足を組まれたら、もう色っぽいのなんの…

側転もされたんですよ、わたるさん!!Σ(゚Д゚;)
それも二度!!

舞台映えがものすごくする方だなぁ…と改めて感じました
ヴァルマははまり役な気がしました!




ロキシー役のコマさんは、とにかくキュート♪
一歩間違えたら、鼻につく女性になってしまうところ、
コマさんはひたすら可愛いロキシーでした…
立ち姿や仕草が本当に可愛いです
なのに、ダンスシーンはカッコいいというギャップ!
コムさんも側転されてました!




そして、素晴らしかったのが、
かりんちょさんのママ!!
なんなんでしょうか、あのラスボス感ww
登場後歌い始めた時の、スゴイ迫力と存在感!!
いや~、目が釘付けでした
ママ、カッコいい…(*゚Д゚*)ポッ

そして、相変わらずの歌うまでした…



それと、
まりもちゃん(蒼乃夕妃さん)がセクシーでございました!
妙に目につきましたよw




で、我が愛しのずんこさん!!!!

カッコいいーーーーーー!!!!!!


大好きだったずんこさんが、そこにいました♪
歌は安定の上手さで、ウットリ…


しかも、ロキシーを腹話術するシーンでは、
一人二役でコケテュッシュな歌声も披露してくださいました
アフタートークでコマさんがおっしゃってましたが、
これ、コマさんが歌ってると思ってる方もいらしたそうで…
「でも私そんなに上手くないのでw」
と言って笑わしてくれましたww


観に行って本当によかった…
前回観劇しなかった自分を激しく責めたいです!!


で、アフタートーク時のずんこさんは、
相変わらずのほんわかしたずんこさんでしたw
もうギャップ萌えもいいとこ!
さっきまであんなにカッコよかったのにーーww


あー、やっぱり、
ずんこさん、大好きだーーーーー!!!!!


エリザガラ、絶対ずんこさんの日を観劇します!
出来れば、ずんはなを激しく期待!
花さんは初演組だから、絶対そっちですよね…しょぼーーん
ちょっぴり期待してますです…
というか、ご出演いただけることを願ってます…


【追記です】
ちょうどYahooニュースに動画がアップされてました
囲みインタビューです
いい雰囲気で最高のメンバーだったことが伝わります


↑宝塚OG、本場・NY公演で女性だけの「CHICAGO」に手応え 「『CHICAGO』宝塚歌劇OGバージョン」会見1

↑宝塚OG「燕尾服着たらいつでも“男”に」 「『CHICAGO』宝塚歌劇OGバージョン」会見2

↑宝塚OG・麻路さき、在住のブラジルの治安「本当に悪い」 リオ五輪の実情語る 「『CHICAGO』宝塚歌劇OGバージョン」会見3




アフタートークショーはですね、
左から
かりんちょさん、
わたるさん、
ずんこさん、
コムさん
の4人でした!

公式Twitterからお写真が出てます




コムさんの自由の女神は、
頭のキャップは初風さんからお借りしたとか
$3で購入されたそうですw
で、たいまつと銘版(独立宣言書)は、
小道具さんに作っていただいたとか!


実は、このトークショーのかりんちょさん以外の3人は、
シカゴの立ち上げの初期メンバーでした
シカゴ抜粋版の『DANCIN’CRAZY2』です
しかも、この3人が揃う公演は、この公演だけだったそう…
うわー、すごい貴重な公演だったんですね…
私の席の周りの方も、驚いていてざわついてましたw


『CHICAGO』に限らないと思うのですが、
アメリカのショービジネスには、
非常に細かい制約と指示があるそうで、
それを土台として、いかに個性を出すかというのを追及するようです

ちなみに、
銀色の紙吹雪の大きさも全て決まっているそうです…


2014年には参加されず、今回からの参加となったかりんちょさん
ずんこさんから「ほんま大変ですよぉ」と言われてたけど、
本当に大変だった、とおっしゃってましたが、
ずんこさんのモノマネが大ウケでしたw


ニューヨークでは、
10代20代の方々がこのシカゴの舞台に立っているが、
最年長組としても初、的なことをおっしゃってました
ニューヨークで受け入れていただけたことが嬉しい、ともおっしゃってました


現役時代のように筋肉がたくさんついたらしいです


体力的には結構厳しいはずですのに、
そういうのを全然感じさせず、
それどころかパワフルでしたもんね
迫力が凄かった…



そんな感じかな?
うろ覚えなので、ニュアンスだけでも伝われば幸いです


本当に素晴らしい舞台でした
なので、他のキャストでも見たかったです
見比べてみたかったかな~


特に、タニさん(大和悠河さん)のロキシー、気になるw
歌とかダンスとか、そういうのは抜きにして、
なんだかとっても似合いそうな感じがするんですよね…
存在感がものすごくある方だから…

同じような理由で、マリコさん(麻路さきさん)も気になりますw


シカゴOG組って、
『エリザベート』で演じられた方も多いので、
エリザガラでも見れるかもしれません
チケットだけが心配…

スポンサーリンク




お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

チケット入手に困った時のお助けサイトです↓

【関連記事】
・エリザベート20周年ガラコン、 キタ━(゚∀゚)━!!…そして経済番組にOGのCHICAGO
・姿月あさとと井上芳雄で思い出したこと そして…ずんはな
・花總まりコンサート 姿月あさととの並びに胸熱
・花總まり・湖月わたるも観劇 柚希礼音の「プリンス・オブ・ブロードウェイ」

スポンサーリンク




nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0