So-net無料ブログ作成

礼真琴の新たな魅力が開花の『霧深きエルベのほとり』&レビューは出ずっぱり [星組]







本日は、まだ語っていないかった
『霧深きエルベのほとり』と、
『ESTRELLAS(エストレージャス) ~星たち~』の
ことちゃん(礼真琴さん)編です


『霧深きエルベのほとり』でことちゃんが演じたのは、フロリアン
非常に難しい役でした


ことちゃんの演技力は、
2番手時代になって、グンと成長しています
それは目を見張るばかり…


ダンス、歌唱力は文句なしの実力派なことちゃんですが、
演技に関しては、まだまだというのが私の評価です
ことちゃんは1番の大贔屓ですけど、そこは素直に評価…(すみません)





1番最初に『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』で、
ショーヴランを演じたことが大きいでしょう
歌は文句なしで、芝居力も格段によくなってました


『阿弖流為 -ATERUI-』
『ベルリン、わが愛』
『ANOTHER WORLD』
『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』
と様々な役をこなし、
演技力を高めていきました


スポンサーリンク










特に、『阿弖流為 -ATERUI-』が大きかったように思います
ここで、演技力が開花したと言っても過言ではないでしょう


そして、
『ANOTHER WORLD』では、コメディにおける色男役が、
非常によかった!


ことちゃんの見た目としては、
ビジュアル系のジェンヌさんではないので、
美形役というのはちょっと任ではないのですが、
演技力と美声で、見事なイケメンになってました

星組『ANOTHER WORLD』…紅ゆずるあっての演目&礼真琴とのべにこと最高!


これも大事なテクニック!


私的には、
阿弖流為と同じくらい徳三郎役が好きです
徳様…(*゚Д゚*)ポッ







こうやって演技力という技術を磨いていたからこそ、
今回のフロリアンを確立させたんだと思ってます




フロリアンは、ただ単に優男なだけではなく、
内には、マルギットへのとてつもない愛情を秘めています
その愛情は、表面には出さずとも、
心の中ではものすごい葛藤があるわけです


自分に振り向いて欲しい、
一緒になって欲しい、
愛して欲しい…


そういう情熱を心に秘めてはいるのですが、
それと同時に、マルギットの真の幸せも願っているわけです


その葛藤がフロリアンの大事な部分…


だから、カールを想って止まないマルギットの後押しをします
ここの部分が垣間見れる場面は、本当に切なかった


見ている方も心が締め付けられるほど心苦しかったです
フロリアンでいいじゃん、みたいな…
マルギット、目を覚ませよ的な…




こういう心の機微を背中で表現していたことちゃん…
背中の反対側のフロリアンの表情は、どんな顔だったのでしょう
背中が寂しそうに感じているので、
悲しい表情だったのかな…


そう思わせる表現力を見せてくれたのが、素晴らしかった!


ウエクミ先生は、とてつもなく厳しい先生なので、
ことちゃんも大変だったでしょう
フロリアンのマルギットへの愛情が、物語の大事な部分ですし…
よくぞ乗り切ったと思います





今回のフロリアンは文句なしによかったので、
もっともっと演技の幅を広げていってほしい


ダンスと歌に関しては、
かなり高い位置のレベル(歴代でもトップクラス)なので、
演技もここに到達すれば、文句なしの三拍子揃ったスターになれるでしょう
それは、トップになってからになるのかな?
楽しみにしています…


その前に、
『アルジェの男』でことちゃんらしくない役に、
またまた挑戦です!
どのようなジュリアンになるのか、しっかりと見届けたいところ


まだまだ成長が見込まれるところが、ファンとしては嬉しい限り♪






さて、レビュー
『ESTRELLAS(エストレージャス) ~星たち~』ですけど、
これまた、ことちゃんが出ずっぱりの大活躍なレビューでした


『Killer Rouge(キラー ルージュ)』よりは、
トップコンビの歌唱力のまずさが出る構成ではなかったため、
ことちゃんへのおんぶに抱っこ感はかなり薄まってましたけど、
やはり、ショーやレビューにおける大黒柱状態でしたね…

礼真琴の活躍は頼もしいが、実力が抜きん出すぎてるのが現時点の不安



私はことちゃんファンなので、
そういう意味では大満足ですし、
トップコンビもまずさが出ない演出だったので、
トップコンビファンにも不満はないでしょう


でもやっぱり、下級生の使い方が下手すぎ…


今回のレビューは、
ことちゃんの全国ツアーを踏まえての構成・演出だったのが、
アリアリとわかりますけど、
本公演なんですから、
もう少し上手に下級生を起用して欲しいところ


ことちゃんと上手に絡ませるとか、ね


べにきさきに絡ませるのは上手だった気もしますけど、
その他大勢に組み込まれてしまうのが、もったいない


スポンサーリンク





ということで、
レビューにおけることちゃんに関しては、
満足のいく内容ではありました


やはり、歌って踊れるというのは、
ショーでは1番大事な要素!
それをきちんと体現でき、
観客を魅了する実力があり、
示してくれる礼真琴は、本当に凄いと感じました





タカラヅカ的ではない、と言われることもあるようですけど、
もはやそれも個性なのではないでしょうか


多少はタカラヅカ的な部分も勉強して欲しいですが、
いつか真ん中になれば、その意識も高まるでしょう
でも、今のことちゃんのスタイルは、
大事な大切な個性ですから、その部分は打ち消さないで欲しいです


タカラヅカでここまでやるの?
くらいのことをやって欲しいくらい!


タカラヅカ的な部分は、下級生にでも…
そういうバランスって今の…というか次世代の星組は、
非常に大事なのではないのかな、と感じます


しかも、まだまだ成長途中なわけですから、
もっともっと素晴らしいパフォーマンスが見れるわけです


ことちゃんの成長と共に歩んでいきたい…



★ただいま星組『霧深きエルベのほとり』の観劇評価アンケートを実施しています!★
アンケート「星組『霧深きエルベのほとり』観劇評価を教えてください」


スポンサーリンク




【お知らせ&更新情報】

●2019年3月23日に記事更新しました
「2018年 宝塚歌劇 観劇の満足度」アンケート結果の数字から見る比較分析

●1月29日~2月5日に実施してました、
第4回アンケート「95期・神7について」の、
結果発表です!
第4回アンケート結果発表!お題は「95期・神7について」

●結果発表やコメント返しなどの、
(アンケとか萌えとか過去倉庫とかの)
向こうの更新情報は、
Twitterでお知らせしています!
よろしければ、
フォロー願います+゚。*(*´∀`*)*。゚+

アカウント「@takarazukalife4






【関連記事】
・星組『ESTRELLAS』感想…全ツに期待だが悪くもなく良くもない可もなく不可もなく…
・星組『霧深きエルベのほとり』MY楽…感情移入が…他組だったらどうだっただろうか?
・礼真琴『アルジェの男』ポスター単独…スゴツヨだけどすんなりトップになるのか?
・CDでいいので礼真琴が「一人エリザベート」してくれないかな…暁千星を見て

お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓チケット入手に困った時のお助けサイトです



nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。