So-net無料ブログ作成

お披露目公演は大切だが慎重にしないとのちのち修復が難しくなる説 [その他]







現在、
宝塚大劇場では、
雪組『ファントム』が上演されています


ファン待望とは、ま・さ・に、このこと!!


私の大尊敬のブログ様は、
歌唱力重視派ではない方なのですが、
ものすごく力を入れて連日記事アップされています!
いつも読んでるよー!(←届かぬ想いwそのうちメールでも…)


まもなく、
仲良しの敬愛ブログ様もご観劇されるというので、
感想をわくわくして待っている状態w(*´艸`)
早く観劇しないかな~(←他力本願)


ということで、
今回の雪組『ファントム』ですけど、
上演のタイミングが本当によかったですね…


終わり良ければ総て良し、じゃないですけど、
前回の『凱旋門』からの『ファントム』ですから、
だいもんさん(望海風斗さん)ファンはじめ、
雪組ファン、
だいきほファン、
そしてヅカファンは待ちに待った演目なわけです


スポンサーリンク










ヅカファンの勝手な予想では、
だいきほのお披露目が『ファントム』でしたもんね(^_^;)
私もそう思ってました!


すごーーーく盛り上がってましたもん!!

かつての大喜びの図w
次期雪組『琥珀色の雨にぬれて』&だいきほお披露目は「ファントム」希望



でも、お披露目本公演は、
生田大和先生の新作『ひかりふる路(みち)』でした…
しかも題材がロベスピエールという、
これまた斬新な主人公…(^_^;)


どうなるんだろうと不安に思っていたところに、
楽曲提供がフランク・ワイルドホーンさんと発表され、
気分を盛り上げることに成功しました


今となっては、
これでよかったと思います


まあやちゃん(真彩希帆さん)も、
喉のアクシデントに見舞われてしまいましたし、
全編ヒロインを演じるという大変さを、
ここで学ばれた気がしています


もしお披露目本公演で『ファントム』だったら、
このアクシデントが勿体ないですから
しかも2幕ですからね!





そういう学びも経て、
2作目も経て(理事主演云々はここでは関係ないです)、
3作目で晴れてファンの待望の大作を上演する、というのは、
いい流れというか、戦略なのかなと感じます





というのも、
お披露目本公演で一番の大作を上演すると、
そこがファンの思いがMAXになってしまうんですね
いわゆるお披露目ゴールです


それと同時にトップコンビの技量も明確になります!


これが大変危険であることが、
我が愛する星組べにきさきのお披露目本公演、
『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』で、
証明してしまいました…(^_^;)





で、何がいけなかったのかというと、
これでべにきさきの実力が露呈してしまったからです


歌えないトップコンビに、
海外ミュージカルを宛てるという残念さを、
目の当たりにしてしまったのです


そのため、
星組ファンの気持ちもそこがMAXでしたし、
他のヅカファンからは期待を持てなくなったわけです


これ、上演するなら3作目か、
退団公演でよかったんですよね…きっと…
今となっては後の祭りですけど(^_^;)





星組の場合は、正統な題材や演目では、
トップコンビの実力が追い付かないので、
トップに似合った演目で勝負するしかないと思ってます


『ANOTHER WORLD』はその好例でしょう!


先行画像とかポスターとか、
宣伝は上手ではありませんでしたが(笑)、
中身は非常によかったです


星組っ子としてではなく、
一ヅカファンとして、『ANOTHER WORLD』はかなりの高評価です


これをお披露目にして、
退団公演をスカピンでよかったんですよね…


もうどうにもなりませんけど…(´・ω・`)






だからというわけではありませんが、
だいきほ、まかまどと3作目に大作を持ってきましたよね


トップスターに似合った演目を!


ゆりかさん(真風涼帆さん)なんて、
ようやく本人に一番似合う演目がやってきますからね!
『オーシャンズ11』、すごく楽しみです!!





まぁ、だいきほの場合は、
スカピン上演中には、すでに決まっていたんでしょうけど…
まあやちゃんが組替えした時点でしょうし…


スカピンがお手本になったのだとしたら、
まかまどですね…
とにかく、まどかちゃん中心の演目で、
乗り切ったという印象です





お披露目で、
トップの思い入れのある作品を上演する場合、
実力のあるトップじゃないと、
その後の舵取りがかなり厳しくなります


昔はそれでもよかった部分もあるでしょうけど、
今は作品のクオリティをものすごく求めています
そのバランスを取るためには、必要な戦略でしょう


スポンサーリンク





ただ、思い入れのある、
ファンが望む演目でも、
演じる側の年齢制限があるようなものは、
お披露目でもいいと思います


一番明確なのは、
『ロミオとジュリエット』ですね


これ、トップ(トップ娘役も)の年齢があがると厳しい演目なので…
フレッシュなうちに上演しないとダメな作品です


ちえねねの2回目の時、
ちえさんはさすがの少年っぷりでしたけど、
ねね様は全然ジュリエットじゃなく、
そんじょそこらのお姉ちゃんでしたし…(^_^;) ヒドカッタヨネ…
娘役さんは大人っぽい役をどんどん演じるから、
余計に若くなるのは難しいですね…





一部のそういう演目以外は、
トップの平均的任期を5~6作とするのであれば、
3~4作目、または退団公演で大本命を上演がいいんだと思います


人気のテコ入れのバランスを考えると、
3~4作目が妥当なんでしょうね


でも歌えるトップコンビには、ガンガン歌って欲しいですね♪


歌えないトップコンビは、
歌は歌える人に任せて、トップの資質にあった演目を!


スポンサーリンク




【お知らせ&更新情報】

●11月11日に記事更新しました
第12回アンケート結果発表!「雪組『凱旋門』『Gato Bonito!!』観劇評価を教えてください」

●1月29日~2月5日に実施してました、
第4回アンケート「95期・神7について」の、
結果発表です!
第4回アンケート結果発表!お題は「95期・神7について」

●結果発表やコメント返しなどの、
(アンケとか萌えとか過去倉庫とかの)
向こうの更新情報は、
Twitterでお知らせしています!
よろしければ、
フォロー願います+゚。*(*´∀`*)*。゚+

アカウント「@takarazukalife4






【関連記事】
・だいきほ・雪組『ファントム』制作発表…歌うまは正義&天使のような歌声に期待MAX
・真風涼帆で待望の『オーシャンズ11』キタ━(゚∀゚)━!!!芹香斗亜とのまかきき楽しみ♪
・だいきほの雪組『ファントム』ついに決定!トレンドに「だいきほ」入ってて見たらマジだった!
・星組『ANOTHER WORLD』…紅ゆずるあっての演目&礼真琴とのべにこと最高!

お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓チケット入手に困った時のお助けサイトです



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。