So-net無料ブログ作成

花組『ポーの一族』観劇…人ではない者を演じる明日海りおは神の領域 [花組]

ついに、
みりおくん(明日海りおさん)主演の、
花組『ポーの一族』を観劇して参りました!


すごく、すごーく、よかったです…


あまりに素晴らしくて、
お隣の席の中国人(香港からいらしたとか!)の方と、
感想の共有www(*´艸`)
あ、全然存じ上げない、
今日知り合った方です…(^_^;)


ちなみに、
カレーくん(柚香光さん)の大ファンとのこと!
95期ラブの私ったら、食いつき激しかったですww


で、その方とご一緒に、
超久しぶりに、
出待ちまでしてしまいました(笑)
あまりに感激したので、
余韻に浸りつつ…


みりおくんと、
カレーくんを生で見れて、
これまた大興奮ww(*´艸`)


相変わらず、
みりおくんは、チケットの列も、
出待ちも、とんでもない行列でしたww
凄まじいです、本当…(^_^;)


というわけで、
本日はかる~く感想をww


ネタバレはあるので、
気になる方は、ご注意ください…


あと、
本日知り合った中国人の方との、萌え話を、
向こうにアップしますね♪
たぶん、明日…



スポンサーリンク











もう一度お伝えしますが、
ここから先、感想を述べますけど、
ネタバレがありますので、ご注意ください!!


大丈夫な方のみ、どうぞ



















キャスト別の感想は、
明日…じゃなくて(笑)、
明後日かな?


ということで、
本日は作品全体と、みりおくんの感想を…





結局、私は、
原作を全く読まずに、観劇いたしました


世界観が自分に合うのか、
ちゃんと理解出来るのか、
すごーーーく不安でしたが、
自分自身が素直に、どう感じるかも、
楽しみではありました…


まさに、不安と期待ですね





まず驚いたのが、
開演のみりおくんのアナウンス…


いつもの声とは変えてきていて、
普通の女性っぽいというか、
若々しい少年というか、
妙に中性的な声でのアナウンスでした


「花組の明日海りおです」の部分は、男らしかったですけど…


この部分から、すでに「ポーワールド」だったのかな?
ちょっとドキッとしました





この声を聞いた瞬間から、
「あ、これはただならぬ舞台かも」
と、肌で感じたように思います…


幕があがり、
豪華なオープニングが始まるのですが、
これがものすごく、妖しい雰囲気いっぱいで、
曲の旋律も美しいのですが、
どこか不安定な感じを与えていて、
『ポーの一族』の醸し出す世界観が、
すぐに理解出来ました


さすが、小池修一郎先生!


セットも豪華でした


お話は、
傷つきやすい繊細な年ごろの少年エドガーが、
バンパネラ(吸血鬼)になるキッカケから始まり、
その後、家族で旅を続け、
家族がいなくなるラストで、
永遠の友・アランと旅に出ている…


そういう内容でした


この作品が、
『ポーの一族』初体験だった私にとっては、
非常にわかりやすかったです


感情移入もしやすく、
ラストのエドガーの悲しみと、
アランとの旅立ちで幸せそうな姿に、涙…


この作品では、泣くことないかな、
と思いましたけど、
そんなことはなく(笑)、しっかり感動しました




ただ、私は萩尾望都先生の原作を知らないからこそ、
感情移入もしやすく、
物語もすんなり受け入れられたのかもしれません


原作に思い入れのある方が、
どのように評価されるのか、
ちょっと気になりました…


そうしたら、
出待ちをしているときに(笑)、
声を掛けてきた女性が、
「原作読んでいるけど、素晴らしかった!」
と、おっしゃってました


少なくても、
こうやって、
好意的に評価してくださっている方は、
ちゃんといらっしゃるとわかり、嬉しかったです…





そして、
この作品が、
大成功を収めることが出来た立役者は、
間違いなく、エドガーを演じた、みりおくんでしょう!


花組さん全体の完成度や、
熱量も凄まじかったですが、
みりおくんは、群を抜いて、凄まじかったです!!


本当に、エドガーそのものなんですよ…


本当に、少年なんですよ…


多感で傷つきやすい、繊細な少年エドガー


もう見事な演技力と、表現力で、
エドガーを魅力的に演じてました


時折見せる、妖しい眼差しにもゾクッとしました…


本当に、エドガーっているんだ
と思ったのは、私だけではないはず!





そして、思ったのが、
みりおくんって、人ではない者を演じた時が、
一番魅力的に感じます…


死神のトートしかり、
バンパネラのエドガーしかり…


持ち合わせた美貌が、
どこか浮世離れしているからかもしれません


もちろん、人間様も見事に演じているんですけどね
ミーマイのビル、可愛かったですし…
カメロマのヴァルモン子爵もゾクゾクしましたし…


でも、人なら、
『新源氏物語』の光源氏が、よかったです


やっぱり、
ちょっと浮世離れした人物を演じた時、
みりおくんの魅力が、
最大限に生かされるのだと感じました


まさに、職人芸的な表現の技です!


人にあらずの者を演じる時の、
明日海りおは、
まさに、「神の領域」の表現者なのだなぁ、
と感じずにはいられません


決して大袈裟ではないです…
観劇した人にだけは、わかるはず…





シーラを慕うエドガーも、
メリーベルを大事に想うエドガーも、
ポーツネル男爵に反抗するエドガーも、
アランに自身の孤独を共感するエドガーも、
セリフはもちろんですが、
表情や、仕草からも伝わる熱演でした…


歌も素敵でした
特に、歌詞が面白いと思ったら、
パンフを読むと、
萩尾先生の作品からの言葉とか…





幕が降り、お芝居が終わると、
フィナーレで、「男役」のみりおくんが登場!
エドガーと同じ人なんて、信じられないww


もしかしたら、
エドガーが年を取ることが出来たら、
あんな美青年なのかな?(笑)


そう思わずにはいられないほど、
エドガーのインパクトは絶大でした!





観劇出来て、本当によかったです!


みりおエドガーに乾杯!





あ、余談ですけど、
キャトルがめちゃくちゃ混んでましたww
そりゃ、売れるよね~


ことちゃん以外、買い物をしない私ですら、
買いましたもの!
星組以外で、「ルサンク」買ったの久しぶり!


でもね、楽しみにしていた、
ルピシアの限定の紅茶はなかったのです…(´・ω・`)
売り切れだそうです


これ、入荷するのかな?
入荷するなら、記念に欲しい…





【お知らせ&更新情報】

●2月21日に記事更新しました
礼真琴ディナーショー…ことふう萌え&涼紫央&真衣ひなのをさらに語る
あんなに語ってるのに、まだ語り倒してますww


●1月29日~2月5日に実施してました、
第4回アンケート「95期・神7について」の、
結果発表です!

ご興味がおありでしたら、ぜひ!
第4回アンケート結果発表!お題は「95期・神7について」



●結果発表やコメント返しなどの、
(アンケとか萌えとか過去倉庫とかの)
向こうの更新情報は、
Twitterでお知らせしています!
よろしければ、
フォロー願います+゚。*(*´∀`*)*。゚+

アカウント「@takarazukalife4



スポンサーリンク




お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

チケット入手に困った時のお助けサイトです↓

【関連記事】
・私的「ベストジェンヌ 2017」
・花組『ポーの一族』制作発表…萩尾望都が大絶賛&キーワードがトレンド入り
・うわっ!2.5次元の最高傑作がココに!明日海りおの『ポーの一族』先行画像
・湖月わたるが花組『邪馬台国の風』を観劇…やっぱり明日海りおは美しい

スポンサーリンク



nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。