So-net無料ブログ作成

祝・花組みりゆき!…叔母と甥→母と子を経て「トップコンビ」へ! [花組]

花組新トップコンビ、みりゆきの本公演お披露目となる
『邪馬台国の風』『Sante!!』
この作品のイメージ画像が公式にアップされましたね!


私が気づいたのは、一昨日でした
確か『MY HERO』の配役発表と、
『邪馬台国の風』の主要キャスト発表の時に、気が付きました!


いやー、
みりおくん(明日海りおさん)が美しい上に、
頼もしく、逞しい!!


そしてそして、
ゆきちゃん(仙名彩世さん)がこれまたお美しい…(*゚Д゚*)
しかも、初々しいです!
さすが、ゆきちゃん!!


来月の『仮面のロマネスク』も楽しみで、楽しみで…(*´艸`)
みりゆきコンビ+べーちゃん(桜咲彩花さん)という、
夢のような組み合わせが、もうね…
幸せ過ぎます!!


スポンサーリンク









さてさて、
すでにみりゆきコンビはスタートしているわけですが、
このコンビは本当に面白いですね!


過去2作の本公演を遡ると、
『ME AND MY GIRL』 『金色の砂漠』になります


ここでのみりおくんとゆきちゃんの配役が、
本当に面白いです!


『ME AND MY GIRL』では、
みりおくんがビルで、
ゆきちゃんが叔母のマリア公爵夫人


『金色の砂漠』では、
みりおくんがギィで、
ゆきちゃんが母親の王妃アムダリヤ


すごいですよね…
叔母と甥っ子→実の親子の関係の二人です


そんなお二人が、今度はトップコンビになるという…





これは本当にとても意義のあることだと思います


ゆきちゃんは実力者がやるような役を多く演じてます
それ故に、芝居心を蓄えて、素晴らしい役者に成長しています


その上、めちゃくちゃ歌うま(技巧派な歌うまです)で、
ダンスも素晴らしい!!
見目も麗しいです…


しかもですね、
たぶんなんですけど、
みりおくんの邪魔にならないと思うのです!


これ、実は、
娘役には一番大事なことだと思ってます!!





歌、ダンス、芝居
これらがどれも平凡な娘役さんがトップになってしまうと、
例えどんなに美しくても、とても残念な気持ちになります


かと言って、
三拍子揃った実力者な娘役さんは、
下手するとトップさんを霞ませてしまう可能性があるんですね


それで舞台を引っ張っていけるほどであれば、
別にそれで構わないですが、
そこまで素晴らしい娘役さんなんて滅多に現れません!


また、宝塚は特殊な劇団です


宝塚って、男役あっての宝塚なんです


なので、
男役さんを立てるということが非常に大事になってきます





特に、今の花組は、
みりおくんの人気が絶大で、
組の顔でもあり、宝塚の顔でもあるのです


そのみりおくんを陰からひっそりと支えられて、
しかも三拍子揃っている娘役って、
そんなにいないんですよ…
逆に、非常にレアでしょう!


そんなゆきちゃんに匹敵するのは、
みりおん(実咲凜音さん)くらいだと思います





ゆきちゃんは内助の功に徹しつつ、
舞台も華やかにしてくださるのではないか、
と今からワクワクしているのです!


しかも、
みりゆきのハーモニーも、きっと素晴らしいでしょう!
美しい低音と高音のハーモニー、
耳が喜びそうです♪


花組さんは、
みりおくんの下もきちんと育っているので、
組力も素晴らしいです
きっと、もっともっと進化した花組を見せて貰えることを、
すごく期待しているのです!





今回はゆきちゃんバンザイな記事なので、
めちゃくちゃゆきちゃん寄りですけど、
別に、前任のかのちゃん(花乃まりあさん)を、
ディスってるわけではありませんので、
誤解なきよう、ご理解ください


かのちゃんのような娘役は普通なんです
路線の娘役さんですから


路線の生徒さんは新公では主役級か、
重要な役につけますし、
本公演でも、目立ついい役、
あるいは、目立つ場面を当てがえられるのです
我が星組のあーちゃん(綺咲愛里さん)もずっとそうでした


それが宝塚の当たり前だったのですが、
ゆきちゃんはそうじゃないから、
応援したくなるんですよ、というお話です






ということで、
早く来月にならないかな~(笑)


みりゆき+べーちゃんの『仮面のロマネスク』が待ち遠しいです!
ちえさん(柚希礼音さん)のコンサートと被ってしまったので、
初日は諦めましたが、2日間通いますよ~!ヽ(*´∀`)ノ


スポンサーリンク




お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

チケット入手に困った時のお助けサイトです↓

【関連記事】
・エトワールで始まりエトワールで幕を閉じた花乃まりあの花組人生
・私的「最も美しいジェンヌ 2016」
・花組『雪華抄』…日本の四季の美しさを楽しく艶やかに、そして切なく
・これはズルイ!明日海りおの『仮面のロマネスク』

スポンサーリンク



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0