So-net無料ブログ作成

私的「ベストジェンヌ 2016」 [その他]

更新を1日サボったのが悔やまれますw
更新したい記事があるのに、
日にちが足りません(笑)


ということで、
今年最後の記事は、
「私的ベストジェンヌ2016」です!
年明けにこそっと、
「私的最も美しいジェンヌ2016」をアップしたいと思ってます(滝汗)


記事作成済みでしたら、連投するんですけど、
ほら、いつもライブなブログなので(笑)、
記事の在庫なんてないのですよ…とほほ


どう考えても今からですと、
年明けのアップになってしまう体たらくw


このゴテゴテぶりが、
うちのブログらしいなぁ、ということで、
生暖かい目で見守ってくださると幸いです(笑)


ということで、
今年もベストアクター・アクトレス的に、
ベストジェンヌさんを決めてみたいと思います


あくまでも、私的、ですので、
よろしくお願いいたします(ペコリ)


スポンサーリンク








まずは、2016年も、
我が愛する星組から、
トップさんが退団されました。・゚・(ノД`)・゚・。
ちえさん(柚希礼音さん)ロスにならなかったのは、
ひとえに、みっちゃん(北翔海莉さん)の、
素晴らしいパフォーマンスのおかげです!


ということで、
星組からは、みっちゃんに敬意を表したいと思います


今思えば、プチサヨナラショー的だった、
『THE ENTERTAINER!』は、みっちゃんの独壇場でした!
見応えたっぷり!
しかも芸達者♪
あと、ベストレビューでもあげた『LOVE & DREAM』も、
すごく素敵な王子様でした…


宝塚歌劇団が「歌劇団」である意味を、
みっちゃんはちゃんと体現してくだってました…
星組の誇りです!





順番が、星組からになりましたが(笑)、
花組は、今年もみりおくん(明日海りおさん)です!
『ME AND MY GIRL』のビル、
『仮面のロマネスク』のヴァルモン、
『金色の砂漠』のギィ・・・
どれも被らない役どころでした


しかも、今年は、
黒いみりおくんが炸裂した年でもあり、
ヴァルモン→ギィの流れは、熱烈ファンでなくても、
前者は悶絶ものの色気、後者は狂気を感じました…


ミーマイのビルは本当に可愛かったです
しつこいですけど、本当に可愛いんですものw





月組では、ちゃぴちゃん(愛希れいかさん)の活躍ですね
ちゃぴちゃんがいると舞台が安定するというのは、
さすがの一言です!
まさおくん(龍真咲さん)
たまきちくん(珠城りょうさん)を、
内助の功で支えつつも、
ショーではセンターでバリバリ踊る…
カッコよくて、キュートな娘役さんではずば抜けていると思います
来年で最後かもしれませんので、
1公演、1公演、ちゃぴちゃんを目に焼き付けておきたいです♪




雪組では、ちぎさん(早霧せいなさん)です
みゆ姫(咲妃みゆさん)とすごく迷いました…
で、結果、ちぎさんにしました!


理由は、完全新作ばかりの中、
どれも素晴らしい演技力で、観客を魅了してくださったからです
絶大な人気を誇る雪組さんを引っ張っているのは、
間違いなくちぎさん…
個人的には、剣心が素晴らしかったなぁ…
本当にマンガから抜け出したようでしたっけ
インフルエンザのアクシデントもありつつ、
立派に舞台を務めあげた、雪組さんが誇らしいです


もし、私が『ドン・ジュアン』を観劇していたら、
だいもんさん(望海風斗さん)だったかもしれません
でも、見てないんですよね…(´・ω・`)
それが、今年2つあるうちの後悔の1つです…
もう一つは、風ちゃんのミューサロ(←しつこいw)






宙組では、すっごく迷ったのですが、
ここは、ゆりかさん(真風涼帆さん)です!
まぁくん(朝夏まなとさん)とすごくすごく迷いましたが、
ゆりかさんが、大役であり、難役であるフランツを、
見事に演じたのが心に残ります…
前回のエリザのフランツは、
みっちゃんという超絶歌うまな方が演じられていたので、
相当なプレッシャーだったのではないでしょうか
それを気品ある美しいフランツに仕上げてきたのは、
ゆりかさんの努力が実った証だと思ってます


努力をするということは、
人生においては決して無駄ではありませんが、
必ず実るものではないです
それをモノに出来るかどうかも、なのかな、って思ってます






そして、私的「ベストジェンヌ2016」は、
みりおん(実咲凜音さん)です!!


これも、まぁくん(朝夏まなとさん)と迷いましたが、
『エリザベート』という宝塚の至宝な作品で、
シシィという役が、いかに歌唱力が大事か、ということを、
みりおんが示してくださいました


エリザは、宝塚の作品の中でも、
宝塚ファン以外の方も多く観劇される演目です
そのためには、恥ずかしくないものをお見せする必要があります
それに応えたのは、間違いなくみりおんだと思ってます


文句のない素晴らしいみりおんシシィは、
今後も語り継がれていくと思います…


あと、来年退団してしまう、というのも、
選んだ理由の一つでもあります…。・゚・(ノД`)・゚・。





来年も、ジェンヌさんたちの素敵なご活躍を、
目に焼き付けたいと思います♪


たくさん観劇するぞーー(笑)


スポンサーリンク




お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

チケット入手に困った時のお助けサイトです↓

【関連記事】
・私的「ベストタカラヅカ観劇 2016年」
・私的「最も美しいジェンヌ2015」
・私的「ベストジェンヌ2015」
・私的「タカラヅカ2015年」は『王家に捧ぐ歌』

スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0